ノクターン

うーん、今日はどこもかしこも真央ちゃん一色ですな。
今更だけど本当にすごい影響力のある人だなぁと。

去年の全日本を見ていて、怪我の状態とか私には知る由もないことが色々とあったのだろうけど、ショートもフリーも「演技」と呼ばれるものをしていたのは、やはり真央ちゃんだけだったように思う。
これは高橋大輔にも感じていた事だけど(個人的には真央ちゃんの出すものと高橋大輔の出すものは、同じ様に抜きん出てはいても違うジャンル、と言う感じがする)、それまでの選手達の演技がつまらないとかではなくて、氷の上に立った時の純度が違う感じなのだ。

真央ちゃんも高橋大輔も、氷の上にいる時は後ろにあるもの全てを捨て去っている様な感じ。
ご本人達の胸中には色々な思いがあるだろうけれど、そう言ったある種の邪念になりかねない思いを元々あまり持たないタイプなのだともお見受けするけども、そういった物をサラッと脱ぎ捨てる感じで氷上にいるみたいに見える。 見ている我々はそこに脱ぎ散らした靴下とか、面倒くさくて洗わずにシンクに放置したお皿とか、仕事上関わらなきゃいけないけど性質上受け付けないタイプの人とか、携帯代とか、ゴミ捨て場の掃除当番とか、その他ありとあらゆる日常の瑣末で憂鬱な出来事から解放される。その演技の数分間だけ。

彼らだってきっと誰より強く勝ちたいと思っていたとは思うけれど、それは多分頂点に立ちたい、誰より優れた存在だと示したいと言う事とは違うのだろう。

去年の全日本と今年のワールドを茶の間で観戦していて、フィギュアスケートはなんか随分違うものになっていくのかな、と思った。
今の選手達だって頑張っているのは重々承知しているけれど、そもそもフィギュアが好きと言うよりは表現が好きである訳で、今のフィギュアの傾向は選手達に表現をさせようとはしていない様に見える。全員の演技を見た訳では無いので、あくまで茶の間からのざっくりした感想ですので悪しからず。

しかし引退発表して翌日から朝から晩まで報道されて、特番まで組まれて…。
改めて真央ちゃんの背負わされているものが多すぎると思った。
彼女は偉大なアスリートで非常に価値の高いタレント性も持っている事は理解出来るけれど、今やっと現役引退と言う重大な決断をしたばかりの人に寄ってたかって何を聞くと言うの。
心中などご本人にしか分からないのだ。そっとしておけ。
休息の時間を与えてやれよ、とちょっと狂気じみた過熱報道に思う。関係者集めて話を聞いたって何になるの。
特番て言うなら各社持ってる演技を年代順にノーカットで流すのが、アスリートへの敬意を一番表せると思うのだが?

どんな身近な関係者から他局が聞き出してないエピソードを引き出すよりも、真央ちゃんの演技を何の解説もなくただ流してくれる方が、ぜーーーーーーったい視聴率良いと思いますよ。
(つか出来ればそれを高橋大輔でも見たいんだけど)

この国に足りないのってそう言う静寂な気がします。
現役選手としての真央ちゃんはもう見られなくても、彼女個人の人生はこれからもまだまだ続くのに、個人の人生の重大イベントを利用するようなものは、真央ちゃんに限らずだけれど誰のものでも不快だ。

快挙はともに、大いに喜んでやれ
別れは当人が望む者たちと過ごさせてやれ
旅立ちはすっきり、さっぱりと行かせてやれ

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

▲top