スポンサーサイト

  • 2019.03.04 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    一年の終わりにあれこれと

    • 2018.12.31 Monday
    • 14:12
    何となしに気になった事をあれこれ。

    今シーズンの高橋大輔のフリーPale Green Ghostsと、坂本花織ちゃんのフリーThe Piano。両方ともリショーさんの振付という事で、あの、ちょいちょい似通った所があるのが、もしかしてワザとなのかなーなどと思ったりして。
    オープニングの動き方とかもなんだけど、あの腕を輪っかにするやつ。高橋大輔の方が象徴的に多用されていたけれど、坂本花織ちゃんの方にもチラチラと使われていて。
    あと最後のポーズは全く同じだし。(まあこれは実際似たポーズは散見されるけれども)
    何と言うか、この二人の振付は俺やで!的なものを残したかったのかしら、なんて思ったりもした。
    シグネチャーモデルのギターみたいな。
    まあ、あの正直私はがっつりフィギュアにハマっていると言うわけではないので、他にリショーさんが振付をされた方を存じ上げている訳でもないので、何となしに思っただけなんですけどね。

    後、私は今回の全日本を見ていて思ったのは、あれソチの頃は男子3枠をトップ6人で争っていたんではなかったでしたっけ?と言う事でした。
    もちろん4回転の種類や精度が当時と違うと言うのは分かりますけども、高橋大輔が非欧米人として初の五輪メダルを手にした後と、だいぶ違う現象が起きているんだなあと。
    非難でも批判でもなく感想として、申し上げるならば、何をしても破れない壁が立ちはだかるとすると、人は大きな夢を描くモチベーションが下がるのではないかと言う事。

    私がまだ今よりももっと目の端っこでフィギュアを見ていた頃、トップ選手の面々に大きな差は無くともその中での順位はその時々で勝ったり負けたりしていたように思う。
    努力を重ねれば勝てるかもと思える場合と、何をどうしても勝てないと思わされる場合とではここぞと言う時踏ん張れるかどうか変わってくるだろう。
    トップ選手を見上げている後進の選手達にも、その気配は伝わってしまうのではないかと思う。
    今回の男子選手達のそこはかとない元気の無さに、何となくそんな事を感じた。

    それから高橋大輔の試合前のドキュメンタリーや試合後のインタビューなんかを見ていて、時折ハッとさせられた。
    「何を豊かにしておけば自分が自分らしくいられるのか分かった」
    何、この、悩める全人類に対する福音みたいなの。もう本当何なの。
    いや、あのおこがましいの承知ですが、なんか負けたみたいな悔しさも感じてしまって。くそー、私も私なりに一生懸命生きてきたのにーみたいな。まだ分かりきってないーみたいな。
    いや分かってるんです。彼のような人と自分を比べる事が間違ってるんですけど。
    やっぱりこの方の感覚と言うのは凄く鋭敏で、それはスケートに対してだけではなくて、恐らくそれを言語として変換するのが今まで苦手だっただけで、自らの体験からありとあらゆる物をご自身の中に取り込まれているんだなあと、改めて思った。

    後、「やっぱり結果じゃないんだなって」とか。
    これがまたね。ふらふら生きてきた人間だったら何言うてんの?って言うやつですけど。
    全部自力で取れるもの取ってきた人間が言うっていうこの説得力がすごすぎて、はぁ〜と言うしかないやつです。

    恐らく無自覚にこの方は多くの人に「良きもの」を振りまく事が出来るんですよね。
    なんかそれは単純に頑張ってる姿が美しいとか言うシンプルな事だけではなくて、何かちょっと「見える」と言うか。
    うーん、私が勝手に彼を通して見ているだけなのかもしれないけれど、何かの理(ことわり)みたいなものを感じる。
    でも多くの人が無意識に彼に惹きつけられると言う事の一端に、そう言う真理?真実?普段見えないものの何かを感じるから、つい見てしまうのではないかしら。
    などと、一年の最後にたわ言を言っております。

    恙無く(も無かったけど、個人的に(笑))、とりあえず無事2018年が終わります。
    来年も皆様に、そして私にも良い年になりますように。


    スポンサーサイト

    • 2019.03.04 Monday
    • 14:12
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      真響さん こんばんは昨年の大輔さんの選手復帰から濃いー月日の流れです。大輔さんの演技からは音楽が、真響さんの言葉からは声が聞こえます。こうして言葉にしていただけて凄く納得します。夢の途中のお話もとても楽しく読ませていただきました。私も坂本ちゃん大好きなので優勝嬉しかったです。アメリのプログラムも好きです。TSSとPGGは世界の人に観てほしいですね、あんなに美しくカッコいいプログラムお披露目しないなんて勿体なさすぎです。野村さんとの「アキレアの橋」はご覧になりましたか?真響さんの感想楽しみにお待ちします。いつも素敵な語りありがとうございます。
      • mashu
      • 2019/02/08 12:39 AM
      mashuさん、コメントありがとうございます。

      勝手な感想文みたいなもので、お恥ずかしいんですけれども、お楽しみ頂けて嬉しいです。
      本当に世界の皆さんに見て欲しいですよねぇ。
      せめてエキシビションでPGGをゲストで滑るなんて事があったら良いのにー、と思ってるんですけど無理ですよねぇ(^_^;)

      アキレアの橋見ました!
      私も野村さんと同じツッコミをしてしまったんですよねー、なぜ練習に行かない、と(笑)
      歌子先生の胸の内など、貴重な番組でした。
      また感想など書いてみたいと思います。
      • 真響
      • 2019/02/10 1:39 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << April 2019 >>

      本棚

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM