スポンサーサイト

  • 2020.01.13 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    不思議なタイミング

    • 2020.01.08 Wednesday
    • 14:57
    最近ずっと仕事のあれこれやら、息子のあれこれやらで色々と忙しない心持ち。
    とりあえず春まで乗り切れば、一息つけそうなのだけれど、頭の中がhave to doで占められていて、でもまあこれを張り合いと呼ばなくもない、みたいな日々です。

    めっきり趣味の方が疎かになっていて寂しいのだけれど、ぼんやりと思ってたことなどをとりとめもなく書いておこう。

    高橋大輔の今シーズンのプログラムについて。
    なんて言うかな、PGGってこの日の為にあったんやな、みたいな事を昨年末の全日本で感じましたね。
    それはあのショート、嘘みたいにハードなPhoenixがある事でPGGの本来の形がクッキリとしたと言うか。
    爆発的な熱と閃光みたいなスピードで、満身創痍で駆け抜けるみたいなPhoenixの後で、何かしら地底か洞窟の奥で長く眠っていた魔物がゆっくりと起き出して、全身に血が巡っていくのをヒシヒシと感じているようなPGGとで。
    同じジャンルのようでいて背中合わせの感じ。
    Phoenixはソルジャー、闘争する魂と滾る情熱、人のもの。
    PGGは概念のような、不可侵の部分、地球の深部みたいな人の及ばない領域。

    昨年のTSSは本当、イメージ通り流砂みたいな、今となっては見慣れてしまっているけれど、極限まで柔らかな彼特有のムーブメントがふんだんに散りばめられて、流麗かつエモーショナルではあったのだけれども、PGGとの相性と言うかな、音楽で言うならばコンセプトの違うアルバムの曲同士みたいで、私個人的にはショート→フリーの流れがなんとなしにプツッと切れるみたいな感覚を覚えたりした。
    (フツーに考えて競技にそこまでの統一感はいらないのはわかってるんですけれどもね、彼の場合私はどうしてもそう言う見方をしてしまうんですよね。)

    ほんとPhoenixがショートになってくれて、変な言い方ですけれども上下のコーディネートが揃ったみたいな、ちゃんと革パンに革ジャン合わしてくれたみたいな、しっくり具合がありがたかった、と言うだけの話です。
    しかしシングル最後のショートが不死鳥とか、それで今年の全日本にアイスダンスで帰ってきたら、ほんとにもう漫画やないかい。

    今シーズンのプログラムの組み合わせは、VASブルースに匹敵するくらいのマッチングだったなあ…(個人的感想)
    本当彼は黒が似合うよなぁ…
    黒と白って本当はとても難しい色ですよね。
    ごまかしが効かないから本人の持ってるものが強調されるように感じる。

    あと何だっけ…色々と由無し事を考えていたのに、ダメだ、やっぱり忙しくてもその時に書くようにしよう。
    誰が待っているわけではないのだけれど、考えたことの熱が失われてしまうような気がする。


    まあそんなこんなでバタバタ程ではないけれど、パタパタした日常を送っているのでアイスエクスプロージョンが発表された時も、あーまた新横浜かぁ行けないわなぁ、お金もないし〜、とか思って放送待ちのつもりでおったのですけれども。
    ほんとタイミングって不思議ですよね。何か色んな事が重なりまして、開催期間に近くに居られることになってしまいまして。
    あれ?もしかしてコレは行けるパターン?とりあえず調べてみる?なんつってHP見たらアラ?行けそうな日にまだチケットあるんだー、ふーん(ポチ)。
    なぜにオタクってすぐポチるんでしょうね。
    ふーんから(ポチ)までがほぼ無意識、無自覚。
    いやだって!今までだって行きたかったけど、泣く泣く諦めてきたわけだし!しかも渡米前の最後のショーとか、そんなタイミングで近くに居たら誰だって行きますよね?(言い訳)

    正直ちょっと緊張してます。
    今まで滑る生大輔は氷艶しかなく、後はLOTFだけだし。
    しかもどちらも彼にとっては挑戦の舞台であったからして、本拠地での高橋大輔にやっとお目にかかれる訳でして。
    なんて言うんですか、武者震いまではいきませんけれども、ソワソワしております。
    しかも哉中ちゃんも見られるし、生ケイトリンちゃん生ポジェさんも拝めるとは…。

    あ、そうでした、アイスダンスについてもちょっとだけ書きたい事があったんだった。
    まあせっかくなので、氷爆見た後にでもまとめよう。
    ひゃー、初アイスショーそしてアメリカいってらっしゃい公演楽しみ〜。

    スポンサーサイト

    • 2020.01.13 Monday
    • 14:57
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      本棚

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM